MaaSで気軽におでかけできるまちに向けて実証実験開始!― スマホタッチでバス乗降やクーポン取得等新機能を追加したモビリティポートの活用 ―

愛知県春日井市、国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学(以下:名古屋大学)、独立行政法人都市再生機構(以下:UR)、名古屋鉄道株式会社、大日本印刷株式会社(以下:DNP)、一般財団法人計量計画研究所(以下:IBS)、高蔵寺ニュータウンセンター開発株式会社(以下:高蔵寺センター)と共に株式会社未来シェアが参画する高蔵寺スマートシティ推進検討会(代表幹事:一般財団法人計量計画研究所)は、昨年度に続き、高蔵寺ニュータウン内の移動利用促進の実証実験を2024年1月9日(火)~2月9日(金)に実施します。 この社会実験は、国土交通省総合政策局「日本版MaaS(Mobility as a Service)推進・支援事業」及び愛知県政策企画局「愛知県スマートシティモデル事業」の採択のもと行い、内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第3期/スマートモビリティプラットフォームの構築」とも連携を図る予定です。DNPが提供する「モビリティポート」(*1)と名古屋鉄道が提供するMaaSアプリの機能「CentX webチケット」(*2)を組み合わせて活用し、スマートフォンのタッチ認証によるバス乗降やデジタルサイネージによるモビリティサービスの情報提供などを行うことで、「気軽におでかけできるまち」の実現を目指します。

MaaSアプリ「move!かすがいタッチ」(左)、2022年度にアピタ館東口に設置したモビリティポート(右)

【本実証実験の背景と概要】

高蔵寺ニュータウンは1968年の入居開始から半世紀以上が経過し、住民の高齢化も進んでいます。自家用車に頼れない高齢者も増え、自宅から主要施設が集まるセンター地区や総合病院に移動する手段が限られるなど、交通課題が表面化してきました。そこで春日井市は、名古屋大学未来社会創造機構と連携して「高蔵寺ニューモビリティタウン構想事業」を掲げ、自宅から地区内のバス停・商業施設・集会所等への移動を支える「自動運転送迎サービス」の実装などを進めてきました。 この事業にDNPと名古屋鉄道が加わり、2022年度はMaaSアプリの機能「CentX webチケット」と「モビリティポート」の実証実験を行いました。今年度は新たに「モビリティポート」で電動車いす貸出機能を提供するとともに、「CentX」と「モビリティポート」の連動によるバス乗降の実証実験を実施します。また、「モビリティポート」利用時の画面に商業施設利用クーポンを表示し、「CentX」で受け取れるようにすることで、商業施設への来店を促進します。

1. 実証実験の実施期間

2024年1月9日(火)~2月9日(金) *土・日・祝はオンデマンド乗合タクシーの運行はありません。

2. 実証実験の主な内容

(1) タッチ認証によるバス乗降車
○概要:「CentX webチケット」で販売するデジタルチケットは、バス乗務員がスマートフォン画面を目視で確認していました。本実証実験ではバス車内に設置した専用タグにスマートフォンをタッチすることで、有効なデジタルチケットかどうかを判別します。また、乗車・降車時の位置と日時データを記録することで、利用者の乗降バス停の判別と移動データの取得が可能かどうかを検証します。さらに、バス乗車時に、利用者に商業施設のデジタルチケットを発行するので、地域活性化につながる回遊施策としての効果も検証していきます。

○利用方法:利用者は専用アプリ「move!かすがいタッチ」のダウンロードにより、「タッチ認証対象乗車券の購入」「タッチ認証対象乗車券による乗降車」が可能となります。なお、専用アプリのダウンロード後の初回登録特典として、「タッチ認証対象かすがいシティバス1日乗車券」をプレゼントします(受け取りにはメールアドレスが必要です)。
*専用アプリは、「NFCタグ認証機能」対応機種でご利用いただけます。また利用時には、位置情報の利用を許可していただく必要があります。専用アプリは無料でダウンロードできますが、通信費は利用者負担となります。

○対象乗車券:かすがいシティバスの利用時には有効な乗車券(以下の7種)が必要となります。
①1回乗車券(大人200円、小人100円)
②1日乗車券(大人450円、小人250円)
③1か月定期券「はあとふるパス」(大人2,000円、小人1,000円)
④回数券(100円券×6枚)
⑤1回乗車券(100円)
⑥1日乗車券(250円)
⑦1か月定期券「はあとふるパス」(1,000円)
*⑤~⑦は次の対象者のみご利用いただけます。(利用の際はデジタルチケットの他、各カードの提示が必要となります。
 75歳以上:高齢者カード、運転免許自主返納者:運転免許自主返納者カード、妊婦:マタニティカード)

○商業連携:タッチ認証によるバス乗車時に、「サンマルシェの特定施設で使える特典デジタルチケット」を受け取れます。
以下の対象施設でご利用いただけます。

①アピタ高蔵寺店:100円相当の品物引換
②名鉄クリーニング高蔵寺店:100円割引券
③ファゼンダ:100円割引券 *利用方法の詳細はデジタルチケット券面にてご確認ください。

○その他:専用アプリのダウンロードは12月27日(水)に、google play、app storeで公開の予定。

(2) モビリティポートによる移動利用促進及びMaaSアプリ連携
○概要:「モビリティポート」を、高蔵寺駅等の6か所に設置。2022年度に実施した乗合タクシー、電動シェアサイクルとのサービス連携に加え、新たに電動車いすの貸出を実施し、移動の利便性を高めることでニュータウン居住に関する価値向上を図ります。また、バスの乗り場案内やルート検索の機能を追加し、路線バスの利便性向上を図ります。なお「モビリティポート」でのモビリティサービス利用時には、「モビリティポート」の画面に表示された商業施設利用クーポンを「CentX webチケット」で受け取ることが可能です。

○モビリティポート設置場所:JR高蔵寺駅、ニュータウン内の商業施設・病院など合計6か所

○モビリティサービスの予約・貸出:
①オンデマンド乗合タクシー(高蔵寺駅を除く5か所)
②電動シェアサイクル(アピタ館東口・グルッポふじとう・藤山台診療所横・高蔵寺駅)
③電動車いす(藤山台診療所横・高蔵寺駅)
*各モビリティサービスは、交通系ICカードによる認証で予約・貸出をしていただきます。

○商業連携:各モビリティサービス利用時に、(1)と同じように、「サンマルシェの特定施設で使える特典デジタルチケット」を受け取ることができます。対象施設は(1)の商業連携の項目と同様。

○その他:バス乗り場案内・バスルート検索(高蔵寺駅)、バス時刻表・防災メール(アピタ館東口)

モビリティポート設置場所(左)、モビリティポートに表示する画面イメージ(右)

(3) 本実証実験における各社の役割

○春日井市 : プロジェクト推進自治体、各種調整
○名古屋大学未来社会創造機構 : 実験企画・調整
○UR : 団地内関係者調整
○名古屋鉄道:MaaSアプリの提供
○DNP : モビリティポートの提供・NFCタグ活用支援
○IBS : 実施効果分析・検証・とりまとめ
○未来シェア : オンデマンド乗合タクシーのシステム提供
○高蔵寺センター : 商業施設テナント交渉・連携

(4) 高蔵寺スマートシティ推進検討会について
自動運転等の新たなモビリティサービスと既存交通との「ベストミックス(モビリティ・ブレンド)」を模索し、高蔵寺ニュータウンの地域特性に応じた適切なモビリティサービスを社会実装することで、「ニュータウン版MaaS」を構築し、先進技術による快適なまちづくり「高蔵寺ニューモビリティタウン」を目指しています。

(5) 今後の展開
高蔵寺スマートシティ推進検討会は、今回の実証実験の結果をもとに、オンデマンド乗合タクシー等の新交通システムと既存公共交通のスムーズな乗換や、公共交通の利用を促進するクーポン等を活用した商業施設との連携によるにぎわい創出など、新たな交通結節点のあり方や導入について検討を進めていきます。

*1 DNPモビリティポート
*2 CentX webチケット

関連リンク

 

関連ニュース

  1. 【世田谷区宇奈根・喜多見地区】オンデマンド輸送のシステム検証…

  2. 神奈川県・湯河原温泉「梅の宴」期間中に実施の観光MaaS実証…

  3. 雪国観光圏内 新潟県まつだい駅から松之山エリアにて、AI乗り…

  4. 新潟MaaS検討推進プロジェクトにてオンデマンドバスを運行し…

  5. 観光型MaaS「Izuko」実証実験 Phase2 へ技術提…

  6. 福島県須賀川市長沼地域西部エリアにおいて乗合型オンデマンド交…

最近のニュース

PAGE TOP