静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクト 2020年度実証実験にて、AIオンデマンド交通「のりあい号」を運行します。

静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクトでは、誰もが利用しやすい新たな移動サービスの提供と、持続可能なまちづくりの実現をめざしています。2019年度の東静岡エリアでの MaaS 実験に続き、2020年度の実証実験では、公共交通の利便性向上が課題となっている地域において AI オンデマンド交通サービスと、これを活用した客貨混載サービスについて検証します。

当社では昨年度の実証実験に引き続き、乗合配車のAIプラットフォームと、出発地点から目的地までの複数の複合経路(公共交通+SAVS)の選択肢を利用者に提示し、より便利に乗合交通をご利用頂ける MaaS Webアプリを提供します。

運行概要

  • 運行時期:2020年11月1日~2020年12月25日(平日)
  • 運行時間:7:00〜22:00
  • 運行エリア:草薙エリア、庵原エリア
  • 運賃:¥200
  • 予約方法
    • スマートフォン(Web) MaaS アプリ
    • 電話:054-254-5126
    • タッチパネル式デジタルサイネージ
  • 無料宅配サービス:前日17:00までの予約
  • 実施:静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクト(幹事団体:静岡鉄道株式会社、静岡市、商業組合静岡県タクシー協会、富士山清水港クルーズ株式会社、静岡市社会福祉協議会、静岡商工会議所、公益財団法人するが企画観光局、株式会社静岡銀行)

関連リンク

関連ニュース

  1. 前橋市 芳賀地区ワンマイルタクシー実証実験の開始

  2. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  3. 前橋市における交通ネットワーク再編に向けて基本協定を締結

  4. 伊那市にて「AI最適運行・自動配車サービス(ドアーツードア乗…

  5. 3密を避けたアフターコロナ時代の通勤スタイルを検討~「オンデ…

  6. 岐阜県多治見市、デマンド型乗り合いバス実証実験にて「小泉根本…

PAGE TOP