ABOUT SAVS

SAVS(Smart Access Vehicle Service)とは
 

SAVSとは、タクシー(デマンド交通)と路線バス(乗合交通)の長所を掛け合わせた、AIによるリアルタイムな便乗配車計算を行うサービスです。クラウド上のAIプラットフォームがスマートデバイスと通信し、刻々と変化する車両と人・物の移動状況において、全ての空間移動と希望時間を同時に満たす車両の走行ルートを瞬時に決定します。この技術により、都市レベルでの最適交通を実現します。

FEATURE

AI便乗
 

人々の移動要求とすべての車両の運行状況に基づき、最も効率的な配車をAIが判断し、自動的にドライバーへ送迎指示を出します。乗客同士が乗り合うことを許容したリアルタイムな配車決定により、乗客送迎中においても新たな乗客の配車要求に応えることができます。SAVSにより、空車率を減らし限られた車両数で最大限の輸送効率を引き出すことができるようになります。

SAVSの配車イメージ

 

SAVS導入により期待できる効果

乗合

道路運送法の一般乗合旅客自動車運送事業(乗合バス事業)に対応する言葉です。乗客が個別に運送申込や支払いを行い、同じ車両に複数の乗客が乗り合わせることを指します。
乗合バス事業には、路線定期バス、路線不定期バス、区域運行バスがあります。

相乗り

通常のタクシー事業では乗合事業が許可されていませんが、旅客が事前にグループ を作ってタクシーに乗り、それぞれ別々に降りることはできます。グループでタクシーに一緒に乗ることを「相乗りする」と言います。

AI便乗

SAVSは、すべての乗客の利便性を高め、すべての車両の効率化を図ります。その結果、ある時には1組の乗客が乗車から降車まで車両を専有し、ある時には乗車→乗車→降車→乗車 … と常に誰かが乗っている状況が長時間続きます。これは、既存の乗合だけで説明できず、既存の相乗りだけでも説明できません。
そこで、SAVSをAI便乗交通サービスと呼ぶこととしました。便乗とは、他人の乗り物についでに同乗させてもらうことです。あまりに方向が違うと「ついでに」とはならず、時間がずれていても「ついでに」とはなりません。さらに、乗客ごとに「ついでに」の感じ方が異なります。SAVSは、AIを用いて高度な便乗を実現しています。

APP

アプリ画面イメージ
 

SAVS乗客アプリ

 

スマートフォンに最適化された乗客向けのWebアプリケーションです。乗車位置、降車位置、人数、希望時刻などの情報を送信すると、瞬時に車両情報、予定乗車時刻などの配車結果が通知されます。配車確定後は、担当車両の現在位置を地図上で確認することができます。

SAVSドライバーアプリ

 

ドライバー向けのアプリケーションです。車両の現在位置、AIが指示した次の行き先、今後予定されている行き先が地図上に表示されます。各ドライバーが画面の指示に従い送迎を繰り返すことにより、都市全体で最適な交通が実現します。市販のAndroidタブレットに専用アプリケーションをインストールしてご利用頂きます。


SAVSコールセンターアプリ

 

配車予約状況、車両の運行状況など、システム全体の状況把握と管理を行います。コールセンター(タクシーの配車室に相当)スタッフによる操作により、乗客に代わって配車予約の作成を行うことができます。パソコンとWebブラウザ(Chromeを推奨)にてご利用可能です。

SYSTEM

SAVSシステム基本構成
 

① SAVSアプリケーション

乗客アプリ、ドライバーアプリ、コールセンターアプリなど、SAVSを使いサービスを提供するための基本的なユーザインターフェースを提供します。アプリケーション開発やカスタマイズの必要がなく、低コストで素早くサービスを開始することができます。

②配車サーバー

配車予約データ、配車結果データの管理や利用者の管理、運行車両のスケジュール設定等、AI配車アルゴリズムを使ったサービスを実現する為の各種データ操作を行います。API経由の入力データをエンジンレイヤーに渡し、エンジンレイヤーからの処理結果をAPI経由で返却します。クラウドサービスの特徴を活かし、アクセス量に準じた柔軟性とインフラ障害への耐久性を備えたプラットフォームを提供します。

③配車計算エンジン

対象地域の道路ネットワークデータを元に、独自のアルゴリズムと各種配車パラメータの組み合わせによるAI配車計算を行います。超高速のリアルタイム配車計算(1秒以内の結果出力)と、効率重視のバッチ配車計算により、多種多様なデマンド交通の配車計算に対応しています。

④シミュレーター

仮想的な移動需要、パーソントリップ調査データ、実際の移動交通データ等を元に、シミュレーションによるSAVS導入の効果測定を行います。移動需要数と供給車両数のバランスにより、平均待ち時間やトリップ時間、走行距離等の目安を知ることができるため、導入地域や目的に応じた計画の策定に役立ちます。

⑤API連携サービス

クラウド上のSAVS機能は全てREST APIで提供しています。必要なAPIを手順に従って利用することにより、独自のアプリケーションやIoTデバイスにSAVSを組み込むことができます。MaaSアプリ、観光アプリ、配送システムなど、AI配車と組み合わせたサービスの質と効率の向上に役立ちます。

PAGE TOP