うらちゃんmini「浦添市デマンド型コミュニティバス実験」に技術提供します

沖縄県浦添市では浦添市総合交通戦略において公共交通分担率を10年後までに10%にするという目標を掲げています。
浦添市は、デマンド型コミュニティバスである「うらちゃんmini」に弊社のSAVSを使用し、公共交通空白エリアの解消や市民利便性の向上、既存の公共交通(モノレール、路線バス、タクシー)との連携による相乗効果等を検証することを目的として実証実験を行います。

実証実験概要

関連ニュース

  1. NoMapsイベントでのSAVS試乗会とピッチコンテスト参加…

  2. 新型配車アルゴリズムを用いた幕張新都心における乗合型交通の実…

  3. 静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクト 2020年度実証…

  4. NEDOプロジェクトの一環として横須賀市で実証実験を開始

  5. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  6. 長野県上諏訪エリア実験

PAGE TOP