熊本市で実施する「Ride-Sharing TAXI TOUR」に技術協力します


熊本県熊本市は観光地があることから、外国人観光客が多く訪れる場所です。さらに、ラグビーワールドカップ2019の会場があるため、今まで以上に多くの外国人観光客が来ることが予想されます。
そこで、弊社のサービスである「SAVS」を活用した外国人を対象とした相乗りタクシー実験「Ride-Sharing TAXI TOUR」が行われることになりました。

実験概要

  • サービス名:Ride-Sharing TAXI TOUR
  • 日程:2019年10月7日(月)~2019年10月12日(土)
  • 運行:10:00 – 17:00
  • 料金:¥2,000/人・日(施設入館料込み)

サービス概要

今回の実験では、出発地点が「ホテル日航熊本」、「熊本ホテルキャッスル」、「ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ」のいずれかの場所から出発をし、7ヶ所の観光地間を相乗りタクシーにより自由に行き来できるものとなっています。時間になりましたら、出発地点と同様の3ヶ所のいずれかの場所へ戻っていただきます。
<観光地一覧>
1.霊巖洞
2.島田美術館
3.熊本城・加藤神社
4.水前寺成趣園
5.世安湯
6.くまもと工芸会館
7.高橋稲荷神社

関連ニュース

  1. 宇都宮市 Uスマート推進協議会の取り組みにおいて、大谷地域を…

  2. 千葉県房総エリア「観光需要喚起型MaaS」実証実験へSAVS…

  3. 鳥取県境港市でクルーズ船外国人客向けの実証実験を行います […

  4. 熊本県天草市栖本町におけるコミュニティ交通導入実証実験にSA…

  5. 太田デイトレセンター(群馬県)にて11月より実証実験を開始し…

  6. 北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益に…

PAGE TOP