NEDOプロジェクトの一環として横須賀市で実証実験を開始


昨年度、弊社が国立研究開発法人産業技術総合研究所、株式会社NTTドコモとともに採択されたプロジェクト「次世代人工知能・ロボットの中核となるインテグレート技術開発/人工知能技術の社会実装に向けた研究開発・実証/人工知能技術を用いた便利・快適で効率的なオンデマンド乗合型交通の実現」の一環として神奈川県横須賀市で「AI運行バスⓇ」による実証実験を開始いたします。横須賀市は、人口減少や高齢化、公共交通が充実していないという課題があります。そのため、住民の利便性向上や健康増進等を目指します。
「AI運行バスⓇ」とは、利用者のスマートフォンのアプリ、もしくは電話による配車予約に応じて、AIがリアルタイムに乗車車両を決定し、スムーズな移動が可能となるものです。従来のバスとは異なり、時刻表やルートに縛られないといった特徴があります。
弊社では、乗車車両の割り当てやルートの決定等を行うAI配車部分へSAVSを提供します。
これまで本プロジェクトにて実施した実証実験では、乗車料金を無料でご提供していましたが、今回の実験では実際の運行に近づけるために有料とし検証いたします。 また、地域の施設や店舗の情報発信とクーポン配布ができる集客サポート機能が搭載し、地域の商業施設や医療施設に使われるシステムと「AI運行バスⓇ」を連携させる全国発の取り組みを行います。

実験概要

  • サービス名:AI運行バスⓇ※1
  • 実施期間:2019年12月9日(月)~2020年2月24日(月)
    ※ 2019年12月27日(金)~2020年1月6日(月)は運休いたします
  • 実施エリア:神奈川県横須賀市逸見地区およびその周辺
  • 料金:大人300円(税込)、小学生150円(税込)、未就学児無料
  • 車両台数:3台(乗車定員5~9人のタクシー車両、内車椅子対応1台)
  • モニター対象:神奈川県横須賀市逸見地区を中心とする住民
    ※ 対象住所は神奈川県横須賀市吉倉町、西逸見町、東逸見町、逸見が丘、池上7丁目

※1 「AI運行バスⓇ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

関連リンク

関連ニュース

  1. 東急電鉄と日本初の「郊外型MaaS実証実験」を開始

  2. クルーズ船の乗客を対象とした境港実験を実施します

  3. 2018年度 人工知能学会全国大会でのSAVS発表について

  4. 「情報化促進貢献個人等表彰」を取締役会長の中島秀之が受賞

  5. あらお相乗りタクシー実験にて技術提供を行います

  6. 清水港にてクルーズ来訪者向け実験を行います

PAGE TOP