函館市 赤川・美原エリアで「未来大AIマース」の実証実験を開始します

産学連携で特定地域の交通利便性向上をめざすAIオンデマンド交通実験
2022年12月12日から函館市 赤川・美原エリアで「未来大AIマース」の実証運行開始

~スマートスピーカー、スマートフォン、タブレット等のデバイスを使った予約方法で、低コストで持続的な運用をめざす~

株式会社未来シェアは2022年12月12日から北海道函館市赤川・美原エリアを中心としたエリアでAIオンデマンド型運行をおこなう「未来大AIマース」の実証実験に参画します。


未来大AIマース専用サイト

運行予定エリア

本交通実験は、公立はこだて未来大学(以下「はこだて未来大」)の学生、教員、来訪者の通学や、はこだて未来大を含む函館市赤川・美原エリアにおける住民を対象とした買物等における生活交通の利便性向上と商業施設への収益の影響調査、定時定路線バス運行からオンデマンド型運行へのシフトの可能性調査を目的とするものです。
今回の取組に参画しているのは、はこだて未来大の教員、研究機関をはじめ、地域の公共交通事業者や小売事業者、交通情報提供サービス事業者などです。それぞれの実績に基づく知見と強みとする機能を持ちより、地域の交通利便性向上へ貢献することを企図した取り組みとなっております。

今回の取組は、公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(略称「ノーステック財団」)の「令和4年度 チャレンジフィールド北海道事業」の採択を受け実施するもので、その事業目的の通りスマートスピーカーやスマートフォン、タブレット等のIoTを活用した配車予約方法を提供するなど、先進技術を活用することでこれまでのオペレーターを配備しての電話予約に頼らない、低コストで持続可能なオンデマンド交通運行の実現性も探ってまいります。

実証実験概要

□ 受託事業
 ノーステック財団 令和4年度 令和4年度 チャレンジフィールド北海道事業
□ 運行期間
 2022年12月12日(月)~ 2023年2月1日(水)
 平日のみ、12月29~1月3日は運休、全33日間
□ 運行時間
 10:00~16:00(13:00~14:00は休憩時間のため運休)
□ 運行エリア
 北海道函館市赤川・美原エリア
□ サービス利用対象者 ※要事前登録
 ①はこだて未来大学関係者
 学生(バス通学者600名 ※推定)、教員、来訪者
 ②EZOCA会員を中心とした利用希望者
 サツドラ店頭およびEZOCA会員向けメールからの募集
 ※②については12月19日(月)以降利用可能
□ 料金
 無料 ※ただしアンケート回答への協力を前提
□ 利用方法
 ①スマートフォンWEBアプリ
 ②スマートスピーカー
 ③エリア内拠点に設置する据え置き型タブレット端末

□ 参画企業と各社の役割

組織名 役割
公立はこだて未来大学(主催) 事業統括/推進、企画/事業構築
函館バス株式会社 車両運行業務
株式会社未来シェア SAVS(配車計算サービス)・他地域事例提供
サツドラホールディングス株式会社 サービス利用者獲得支援およびお買い物データ分析業務
株式会社駅探 MaaSシステム提供(スマートスピーカー、据置型タブレット端末)
株式会社函館ラボラトリ 実サービス運用支援業務
函館トヨペット株式会社(協力) 車両提供(2台)

□ ロゴ、キャラクター

□ 実証運行プレス発表会のご案内
 令和4年12月1日(木)13:00〜13:30、はこだて未来大 4F デルタビスタにて本実証運行に関するプレス発表会を行います。
 プレス発表会に関するお問合せは はこだて未来大 社会連携センター までお願い致します。

関連リンク

関連ニュース

  1. 伊豆半島広域観光MaaS実験 Izukoフェーズ3にて、デマ…

  2. TOHOKU MaaS の新しいモビリティサービス「よぶのる…

  3. 観光地型MaaSアプリ「ぶらりすと」(志摩での第二弾実証実験…

  4. 北海道厚真町において運行するデマンド交通「めぐるくん」にSA…

  5. うらちゃんmini「浦添市デマンド型コミュニティバス実験」に…

  6. 宮城県丸森町において新たな「あし丸くん」の実証運行を実施しま…

最近のニュース

PAGE TOP