伊豆半島広域観光MaaS実験 Izukoフェーズ3にて、デマンド交通くろふね号、いずきゅん号の運行へ協力します。


伊豆半島を中心とした広域観光MaaS、Izukoの実証実験フェーズ3は、対象エリア、サービスラインナップ、決済手段、交通手段等、前回を大きく上回る規模で行われています。
未来シェアは前回の実験に引き続き、伊豆急下田駅周辺のオンデマンド交通「Izuko くろふね号」、および伊豆高原駅周辺の遠隔監視型自動運転オンデマンド交通「Izuko いずきゅん号」へSAVSを提供します。エリアを大きく拡大した下田の「くろふね号」と、自動配車と自動運転のハイブリット運行「いずきゅん号」の試行へ協力します。

運行概要

  • Izuko いずきゅん号
    • 運行時期:2020年12月17日~2020年12月25日(毎日)
    • 運行時間:11:00〜15:00
    • 運行エリア:伊豆高原駅周辺
    • 予約方法:スマートフォンWebサイト、TV予約システム
    • 実施主体:東急
    • 自動運転車両・システム:タジマEV、名古屋大学
    • 遠隔監視・操縦システム:ソリトンシステムズ
    • 運転・運行管理:伊豆急東海タクシー
  • Izuko くろふね号
    • 運行時期:2020年11月16日~2021年3月31日(毎日)
    • 運行時間:10:00〜17:00
    • 運行エリア:伊豆急下田駅周辺
    • 予約方法:Izuko(スマートフォンWebサイト)
    • 実施主体:東急、東日本旅客鉄道、伊豆急行
    • 運行:東海バス

関連リンク

関連ニュース

  1. 北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益に…

  2. 福岡県飯塚市 「いいづか健幸ポイントプロジェクト」 へ技術提…

  3. 春日井市 牛山区・鷹来地区、高蔵寺ニュータウン 乗合サービス…

  4. クルーズ船の乗客を対象とした境港実験を実施します

  5. 静岡型MaaS基幹事業実証プロジェクト「AI相乗りタクシー」…

  6. 3密を避けたアフターコロナ時代の通勤スタイルを検討~「オンデ…

PAGE TOP