伊豆半島広域観光MaaS実験 Izukoフェーズ3にて、デマンド交通くろふね号、いずきゅん号の運行へ協力します。


伊豆半島を中心とした広域観光MaaS、Izukoの実証実験フェーズ3は、対象エリア、サービスラインナップ、決済手段、交通手段等、前回を大きく上回る規模で行われています。
未来シェアは前回の実験に引き続き、伊豆急下田駅周辺のオンデマンド交通「Izuko くろふね号」、および伊豆高原駅周辺の遠隔監視型自動運転オンデマンド交通「Izuko いずきゅん号」へSAVSを提供します。エリアを大きく拡大した下田の「くろふね号」と、自動配車と自動運転のハイブリット運行「いずきゅん号」の試行へ協力します。

運行概要

  • Izuko いずきゅん号
    • 運行時期:2020年12月17日~2020年12月25日(毎日)
    • 運行時間:11:00〜15:00
    • 運行エリア:伊豆高原駅周辺
    • 予約方法:スマートフォンWebサイト、TV予約システム
    • 実施主体:東急
    • 自動運転車両・システム:タジマEV、名古屋大学
    • 遠隔監視・操縦システム:ソリトンシステムズ
    • 運転・運行管理:伊豆急東海タクシー
  • Izuko くろふね号
    • 運行時期:2020年11月16日~2021年3月31日(毎日)
    • 運行時間:10:00〜17:00
    • 運行エリア:伊豆急下田駅周辺
    • 予約方法:Izuko(スマートフォンWebサイト)
    • 実施主体:東急、東日本旅客鉄道、伊豆急行
    • 運行:東海バス

関連リンク

関連ニュース

  1. 【世田谷区宇奈根・喜多見地区】オンデマンド輸送システム第二回…

  2. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  3. 群馬県渋川市において開始する、児童・生徒を対象としたデマンド…

  4. 阿賀野市AIオンデマンドバス実証実験においてSAVSを使った…

  5. 中富良野町における運行実験へ協力します

  6. 札幌市 さっぽろ健幸ポイントプロジェクト へ技術提供します

最近のニュース

PAGE TOP