北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益による移動サービスの提供実験に参加します。


北海道北広島市は、経済産業省による令和2年度実施の実証実験事業「地域新MaaS創出推進事業」の先進パイロット地域として採択されました。本事業の取り組みとして、「収益循環型サービスの活用による、積雪環境下での持続可能な地域密着型TownMaaSの実現」の検証実験を実施します。
未来シェアは、当該実験エリアにおけるオンデマンド車両配車プラットフォームとしてSAVSを提供します。

※「地域密着型TownMaaS」:地域住民・交通拠点・商業施設等との間の必要な移動手段と、移動中の楽しみを提供する新たなサービス

運行概要

  • 運行時期
    • 第1回検証:2020年11月12日~2020年11月25日(毎日)
    • 第2回検証:2021年1月11日~2021年1月31日(毎日)
  • 運行時間:9:30〜15:30
  • 運行エリア:北広島市 新富地区
  • 運賃:無料
  • 実施体制:北広島市、北海道、株式会社ヴィッツ、株式会社アトリエ ほか

関連リンク

関連ニュース

  1. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  2. 新潟MaaS検討推進プロジェクトにてオンデマンドバスを運行し…

  3. 前橋市における交通ネットワーク再編に向けて基本協定を締結

  4. 名古屋市相乗りタクシー実証実験の申請許可および報道向け説明会…

  5. 宇都宮市 Uスマート推進協議会の取り組みにおいて、大谷地域を…

  6. 観光型MaaS「Izuko」実証実験 Phase2 へ技術提…

PAGE TOP