岩手県紫波町にてデマンド型乗合バスの実証実験を行います


岩手県紫波町では、モータリーゼーションの進展や少子高齢化などの社会環境の変化により、地域のニーズや課題が多様化している実情があります。 そこで、持続可能な公共交通モードの構築を目的とする、SAVSを使用したデマンド型乗合バスによる実験を行います。

実験概要

  • 実験日時:2019年10月4日(金)~10月31日(木)※土日含む
    8:00~17:30
  • 運行エリア:岩手県紫波町全域
  • 予約受付時間:
    • アプリ:当日6:00~17:00
    • 電話 :8:00~22:00(前日から予約可)
      ※ 最大予約可能人数は4名です
  • 車両:ジャンボ3台(8座席×3台)
  • 料金:
    • 1名で乗合なしの場合-大人500円、小人200円
    • 2名以上、もしくは乗合ありの場合-大人300円、小人100円

関連ニュース

  1. 2019年定額乗合タクシー(N-タク)実証実験に技術協力しま…

  2. 令和2年度「地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金…

  3. 三井住友海上社員対象の「相乗り通勤」に技術協力します

  4. 春日井市高蔵寺ニュータウン「モビリティブレンド」実証実験へ技…

  5. 「志摩MaaS」実証実験の第1弾を 10 月 1 日から開始…

  6. 熊本市で実施する「Ride-Sharing TAXI TOU…

PAGE TOP