岩手県紫波町にてデマンド型乗合バスの実証実験を行います


岩手県紫波町では、モータリーゼーションの進展や少子高齢化などの社会環境の変化により、地域のニーズや課題が多様化している実情があります。 そこで、持続可能な公共交通モードの構築を目的とする、SAVSを使用したデマンド型乗合バスによる実験を行います。

実験概要

  • 実験日時:2019年10月4日(金)~10月31日(木)※土日含む
    8:00~17:30
  • 運行エリア:岩手県紫波町全域
  • 予約受付時間:
    • アプリ:当日6:00~17:00
    • 電話 :8:00~22:00(前日から予約可)
      ※ 最大予約可能人数は4名です
  • 車両:ジャンボ3台(8座席×3台)
  • 料金:
    • 1名で乗合なしの場合-大人500円、小人200円
    • 2名以上、もしくは乗合ありの場合-大人300円、小人100円

関連ニュース

  1. 2019年定額乗合タクシー(N-タク)実証実験に技術協力しま…

  2. 春日井市高蔵寺ニュータウン「モビリティブレンド」実証実験へ技…

  3. ニューノーマル時代の通勤スタイル 相乗りタクシーサービス商用…

  4. 伊豆半島広域観光MaaS実験 Izukoフェーズ3にて、デマ…

  5. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  6. 静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクト 2020年度実証…

PAGE TOP