新潟MaaS検討推進プロジェクトにてオンデマンドバスを運行します


経済産業省、国土交通省が推進する「スマートモビリティチャレンジ」プロジェクトのパイロット地域である新潟市において、リアルタイム・オンデマンドバスの運行実験を行います。新潟MaaS検討推進プロジェクトの一環として、定時定路線バスを運行する新潟市中央区しも町エリアにて、デマンドバス運行の有効性を検証します。
また、地域ICカード「りゅーと」、およびスマートフォン向けMaaSアプリ「りゅーとなび」と連携し、オンデマンド交通と生活行動変化についての調査を行います。

実験概要

  • 期間:2020年3月2日 ~ 2020年3月31日(平日のみ)
  • 時間:9:00 ~ 17:00
  • 利用方法:スマートフォン もしくは 電話予約(当日予約)
  • 料金:¥210
  • 車両:小型ノンステップバス2台(17座席)
  • 運行エリア:新潟市中央区しも町エリア

主催

  • 新潟交通 株式会社
  • 日本ユニシス 株式会社

関連リンク

関連ニュース

  1. 山口県宇部市 オンデマンド交通実験へ技術提供します

  2. 福岡県飯塚市 「いいづか健幸ポイントプロジェクト」 へ技術提…

  3. 札幌市 さっぽろ健幸ポイントプロジェクト へ技術提供します

  4. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  5. 熊本市で実施する「Ride-Sharing TAXI TOU…

  6. 太田デイトレセンター(群馬県)にて11月より実証実験を開始し…

PAGE TOP