三井住友海上火災保険株式会社と協業取組を開始しました


株式会社未来シェアは、三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下、「三井住友海上」とする)※と業務提携し協業取組を開始しました。 当社は、三井住友海上から、リスク対策や適切な保険商品・サービス提供等の面でサポートを受けることより、安心・安全により一層配慮したスマートモビリティサービスの提供に取り組んでいきます。また、豊富なネットワークを有する三井住友海上の支援を受けながら、共に交通課題の解決に取り組み、地域の持続的な発展に貢献していきます。

背景

近年、日本では、ドライバー不足や交通渋滞、また、特に地方部における公共交通サービスの縮小等、様々な交通課題が生じています。また、こうした課題を解決するべく、官民において、AI、IoT等を活用した新たなモビリティサービスの社会実装を目指す取組が活発化しています。 当社は、様々な交通課題解決を目指し、AIを活用したオンデマンド・リアルタイム配車システム「SAVS」を活用して、需要に応じて乗合車両を走行させることにより、より少ない車両数で効率よく移動サービスを提供する取組を行っています。 三井住友海上は、MaaS等のモビリティ産業を取り巻く環境変化に迅速に対応するとともに、地域の持続的な発展に貢献する観点から地域の交通課題解決に熱心に取り組んでいます。

協業取組の概要

当社と三井住友海上は、共に地域の交通課題解決に貢献するべく、主に以下の協業取組を行います。

(1)当社は、三井住友海上による適切な保険商品・サービスの組成・提供に貢献するべく、SAVSに関する必要なデータや実証実験に関する情報を三井住友海上保険に提供します。
(2)三井住友海上は、当社によるSAVSを活用したモビリティサービスの実証・実装に貢献するべく、当該サービスの特徴を踏まえた保険商品・サービスを提供します。
(3)当社と三井住友海上は、地域の交通課題やその他の社会課題の解決に資する新たなモビリティサービスを共同で検討・企画し、その実証・実装を目指します。

※三井住友海上とは
三井住友海上は、MS&ADインシュアランス グループの中核を担う損害保険会社で、グローバルな保険・金融サービス事業を展開しています。2019年1月に、「CASE」、「MaaS」に代表されるモビリティを取り巻く環境変化への対応強化を図るための専門部署を新設し、お客さまニーズに応える商品・サービスの開発や新たなビジネスモデルの構築に取り組んでいます。また、地方創生への貢献を目指し、地域課題の解決に向けた様々な支援取組を展開しています。

関連リンク

関連ニュース

  1. 取締役就任のお知らせ

  2. 会長就任のお知らせ

  3. SAVS導入の公共サービス「ケーブルアワード2020ベストプ…

  4. スマートモビリティチャレンジ推進協議会に参加します

  5. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

  6. 次世代交通創出のための共同開発へ向けた基本合意書を締結

PAGE TOP