長野県上諏訪エリア実験


2017/3/19 長野県上諏訪エリアにて、諏訪地方観光連盟が主催する二次交通強化の一環としたSAV実証実験を行いました。

  • エリア:上諏訪駅 – 茅野駅 – 諏訪大社上社 – 諏訪湖畔を含め7km四方
  • 車両台数:9台(ジャンボタクシー1台含む)
  • モニター数:20組(40名)
  • 実験時間:11:00 – 15:00

主目的を観光に絞り、地域関係者のみなさまに自由に行動をして頂きました。観光地特有の意見・感想を頂き、複数人で移動する観光客のSAV使用頻度や特色など、貴重な経験とデータの収集ができました。
今後の改良と研究に活用させて頂きます。

関連ニュース

  1. 前橋市における交通ネットワーク再編に向けて基本協定を締結

  2. Kanazawa Ridesharing Taxi (SAV…

  3. 太田デイトレセンター(群馬県)にて11月より実証実験を開始し…

  4. 北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益に…

  5. 熊本県荒尾市においてあらお相乗りタクシーの実証実験を実施しま…

  6. うらちゃんmini「浦添市デマンド型コミュニティバス実験」に…

PAGE TOP