千葉県房総エリア「観光需要喚起型MaaS」実証実験へSAVSを提供します


株式会社JTB総合研究所、小湊鐵道株式会社、国立大学法人千葉大学は、千葉県小湊鐡道沿線エリアの活性化に向けた「観光需要喚起型MaaS」の実証事業を行います。
「観光需要喚起型MaaS」とは、観光客が旅先で自分のニーズや志向に合った情報を探しにくいという「情報に関する課題」、路線バスの運行時刻が旅行者の移動したい時間帯と合致しない点、およびバスやタクシーのドライバー不足という「交通事業者の課題」の解決を目的としたMaaSです。専用アプリを通じて旅行者一人一人に適した情報配信により新たな観光需要を掘り起こすと共に、旅行者の効率的な移動機会を提供し、周遊促進を目指します。

未来シェアは、小湊鉄道 養老渓谷駅を基点に各観光地を周遊できるデマンド型乗合タクシーの配車プラットフォームとして「SAVS」を提供し、旅行者への便利な移動手段の提供と、交通事業者の効率的な運行をサポートします。

実験概要

  • 期間:2020年1月18日~1月19日(2日間)
  • 利用時間:10:00〜17:30
  • 利用方法:スマートフォンアプリ「Japan Travel Guide +Connect」を利用
  • エリア :養老渓谷駅周辺

関連リンク

関連ニュース

  1. 「志摩MaaS」実証実験の第1弾を 10 月 1 日から開始…

  2. 新潟県阿賀野市にて、AIデマンドバス、福祉Moverの運行実…

  3. 令和2年度「地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金…

  4. 前橋市 芳賀地区ワンマイルタクシー実証実験の開始

  5. 宇都宮市 Uスマート推進協議会の取り組みにおいて、大谷地域を…

  6. 北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益に…

PAGE TOP