北海道大学との共同研究を開始しました。

このたび 株式会社未来シェア は、国立大学法人北海道大学と共同研究契約を締結いたしました。
マルチエージェントシミュレーションや、人工知能の技術をSAVSの改良に応用するため、研究代表者である 北海道大学 野田 教授 は基礎的な理論や応用手法の開発にとりくみ、弊社が実装技術や実データの取得を実施することにより共同で研究を進めていく予定です。

【共同研究概要】
研究題目:オンデマンド交通サービスに関する研究
共同研究代表者:国立大学法人北海道大学 情報理工学部門 複合情報工学分野 知能ソフトウェア研究室:野田 五十樹 教授
目的・内容:AI 便乗サービス SAVS を中心とするオンデマンド交通サービスの評価・改善のため、以下の項目の研究を行う。
・実運行データやエージェントシミュレーションによるサービス評価およびそれによる運行レベル改善のための基礎研究
・オンデマンド交通サービスの調査・分析

また弊社は、発足当初より技術開発や実証実験を共同で続けてきた、公立はこだて未来大学、名古屋大学、および札幌市のさまざまな課題(排雪、ごみ収集、在宅介護送迎等)にSAVSの技術を活用し、とりくむ札幌市立大学とも、それぞれ共同研究契約を締結しております。

関連ニュース

  1. 取締役就任のお知らせ

  2. 交通イノベーション・シンポジウム「MaaSが北海道の未来をど…

  3. 「自治体総合フェア2022 」スマートシティパビリオンに出展…

  4. 2020年7月〜の大雨、洪水で災害を被った地域へSAVSを無…

  5. 熊本市「健軍地区におけるAIデマンドタクシー実証実験」にSA…

  6. SAVSのスペック(AI配車の仕様)に関する情報を公開しまし…

PAGE TOP