「つくば医療 MaaS」実証実験にSAVSを提供します

茨城県やつくば市、企業等で構成された「つくばスマートシティ協議会」は、「つくば医療 MaaS」実証実験を、2022年1月17日から実施します。病院への通院や受診の利便性向上を目指し、未来シェアが配車プラットフォームとしてSAVSを提供した相乗り型のAI デマンドタクシーで市内対象エリアから指定病院まで往復送迎が可能で、高齢者や障がい者など誰もが安心・安全な移動ができる街づくりに向けた取り組みに協力します。

運行詳細

実施期間:令和4年1月17日(月曜日)から2月14日(月曜日)まで(日曜日・祝日は除く)
運行時間:午前7時30分~午後4時30分(月~金),  午前7時30分~午後1時(土)
目的地:筑波大学附属病院,筑波学園病院,筑波メディカルセンター病院,つくば総合健診センター,筑波記念病院,筑波総合クリニック
対象エリア:つくば市内の一部のエリア
利用料:無料
利用方法:専用アプリ ※App Store, Googleplayから「つくばスマート医療送迎アプリ」で検索、ダウンロードしてください。

関連リンク

つくば市:AIオンデマンド乗合タクシーサービス実証実験を実施します
KDDI:通院や受診の利便性向上を目指す「つくば医療MaaS」実証実験に参加

関連ニュース

  1. 清水港開港120周年記念の開港祭にAI乗合タクシーを運行しま…

  2. 新型配車アルゴリズムを用いた幕張新都心における乗合型交通の実…

  3. 千葉県房総エリア「観光需要喚起型MaaS」実証実験へSAVS…

  4. 神奈川県・湯河原温泉「梅の宴」期間中に実施の観光MaaS実証…

  5. 伊那市にて「AI最適運行・自動配車サービス(ドアーツードア乗…

  6. 2019年定額乗合タクシー(N-タク)実証実験に技術協力しま…

PAGE TOP