静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクト 2020年度実証実験にて、AIオンデマンド交通「のりあい号」を運行します。

静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクトでは、誰もが利用しやすい新たな移動サービスの提供と、持続可能なまちづくりの実現をめざしています。2019年度の東静岡エリアでの MaaS 実験に続き、2020年度の実証実験では、公共交通の利便性向上が課題となっている地域において AI オンデマンド交通サービスと、これを活用した客貨混載サービスについて検証します。

当社では昨年度の実証実験に引き続き、乗合配車のAIプラットフォームと、出発地点から目的地までの複数の複合経路(公共交通+SAVS)の選択肢を利用者に提示し、より便利に乗合交通をご利用頂ける MaaS Webアプリを提供します。

運行概要

  • 運行時期:2020年11月1日~2020年12月25日(平日)
  • 運行時間:7:00〜22:00
  • 運行エリア:草薙エリア、庵原エリア
  • 運賃:¥200
  • 予約方法
    • スマートフォン(Web) MaaS アプリ
    • 電話:054-254-5126
    • タッチパネル式デジタルサイネージ
  • 無料宅配サービス:前日17:00までの予約
  • 実施:静岡型 MaaS 基幹事業実証プロジェクト(幹事団体:静岡鉄道株式会社、静岡市、商業組合静岡県タクシー協会、富士山清水港クルーズ株式会社、静岡市社会福祉協議会、静岡商工会議所、公益財団法人するが企画観光局、株式会社静岡銀行)

関連リンク

関連ニュース

  1. 静岡市居住者を対象としたMaaS実証実験を実施します

  2. 鳥取県 日南町・琴浦町にてデマンド交通運行実験を行います。

  3. 太田デイトレセンター(群馬県)にて11月より実証実験を開始し…

  4. 名古屋市相乗りタクシー実証実験の申請許可および報道向け説明会…

  5. 三井住友海上社員対象の「相乗り通勤」に技術協力します

  6. 鳥取県境港市でクルーズ船外国人客向けの実証実験を行います […

PAGE TOP