うらちゃんmini「浦添市デマンド型コミュニティバス実験」に技術提供します

沖縄県浦添市では浦添市総合交通戦略において公共交通分担率を10年後までに10%にするという目標を掲げています。
浦添市は、デマンド型コミュニティバスである「うらちゃんmini」に弊社のSAVSを使用し、公共交通空白エリアの解消や市民利便性の向上、既存の公共交通(モノレール、路線バス、タクシー)との連携による相乗効果等を検証することを目的として実証実験を行います。

実証実験概要

関連ニュース

  1. 3密を避けたアフターコロナ時代の通勤スタイルを検討~「オンデ…

  2. 中富良野町における運行実験へ協力します

  3. 北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益に…

  4. クルーズ船の乗客を対象とした境港実験を実施します

  5. NEDOプロジェクトの一環として横須賀市で実証実験を開始

  6. 令和2年度「地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金…

PAGE TOP