オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」へ参加します


小田急電鉄が推進するオープンな共通データ基盤「MaaS Japan」とのデータ連携、サービス連携を行うことに合意いたしました。 鉄道、路線バス、タクシー、カーシェア、バイクシェアなど多様な交通手段とSAVSと活用したオンデマンド交通との連携、および予約、決済などの手続きを包括的に提供する日本版 MaaS プラットフォームの発展と普及に協力いたします。

MaaS Japan データ基盤と SAVS クラウド API の接続により、AIによるオンデマンド・リアルタイム 便乗配車サービスの全国への普及を促進します。

関連リンク

関連ニュース

  1. youtubeチャンネルにてSAVSのアニメーション説明動画…

  2. 「AI技術の導入期間の10分の1へ」NEDOのAI技術の早期…

  3. スマートモビリティチャレンジ推進協議会に参加します

  4. SAVS Operation Simulator (SAVS…

  5. MapFan DB (高精度地図データ)を使ったSAVSプラ…

  6. 株式会社駅探との業務提携のお知らせ

最近のニュース

PAGE TOP