次世代交通創出のための共同開発へ向けた基本合意書を締結


IT、AIを活用した新たなモビリティサービスプラットフォーム構築へ向けて、株式会社NTTドコモとの共同による検討を進める為の基本合意書を締結しました。

SAVのリアルタイム配車計算技術と、NTTドコモが保有する移動需要予測技術の組み合わせにより、予測に基づいた車両の配備、デマンドに応じた配車、需要の高いルートの走行による効率的な乗合いを制御することが可能になると考えられます。

未来シェアでは、交通に関連する様々なIT技術の連携により、公共交通事業の効率化と、居住区域に関わらず人々が移動しやすい社会を早期に実現する活動を続けていきます。

関連リンク

関連ニュース

  1. 北海道地域でのMaaS事業展開に係る業務提携を締結

  2. スマートモビリティチャレンジ推進協議会に参加します

  3. J-Startup HOKKAIDO 認定スタートアップ企業…

  4. 三井住友海上火災保険株式会社と協業取組を開始しました

  5. SAVSのスペック(AI配車の仕様)に関する情報を公開しまし…

  6. 伊豆エリアにて国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指した…

PAGE TOP