オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」へ参加します


小田急電鉄が推進するオープンな共通データ基盤「MaaS Japan」とのデータ連携、サービス連携を行うことに合意いたしました。 鉄道、路線バス、タクシー、カーシェア、バイクシェアなど多様な交通手段とSAVSと活用したオンデマンド交通との連携、および予約、決済などの手続きを包括的に提供する日本版 MaaS プラットフォームの発展と普及に協力いたします。

MaaS Japan データ基盤と SAVS クラウド API の接続により、AIによるオンデマンド・リアルタイム 便乗配車サービスの全国への普及を促進します。

関連リンク

関連ニュース

  1. システムオリジンのタクシー配車システム「テレハイAVM」と …

  2. 春日井市版MaaS ウェブアプリ「move !かすがい」開設…

  3. J-Startup HOKKAIDO 認定スタートアップ企業…

  4. SAVS Operation Simulator (SAVS…

  5. 公立はこだて未来大学主催 令和4年度地域交流フォーラムにて登…

  6. 2019年度人工知能学会現場イノベーション賞受賞

PAGE TOP