北広島市におけるスマートモビリティチャレンジにて、広告収益による移動サービスの提供実験に参加します。


北海道北広島市は、経済産業省による令和2年度実施の実証実験事業「地域新MaaS創出推進事業」の先進パイロット地域として採択されました。本事業の取り組みとして、「収益循環型サービスの活用による、積雪環境下での持続可能な地域密着型TownMaaSの実現」の検証実験を実施します。
未来シェアは、当該実験エリアにおけるオンデマンド車両配車プラットフォームとしてSAVSを提供します。

※「地域密着型TownMaaS」:地域住民・交通拠点・商業施設等との間の必要な移動手段と、移動中の楽しみを提供する新たなサービス

運行概要

  • 運行時期
    • 第1回検証:2020年11月12日~2020年11月25日(毎日)
    • 第2回検証:2021年1月11日~2021年1月31日(毎日)
  • 運行時間:9:30〜15:30
  • 運行エリア:北広島市 新富地区
  • 運賃:無料
  • 実施体制:北広島市、北海道、株式会社ヴィッツ、株式会社アトリエ ほか

関連リンク

関連ニュース

  1. 3密を避けたアフターコロナ時代の通勤スタイルを検討~「オンデ…

  2. 北海道厚真町において運行するデマンド交通「めぐるくん」にSA…

  3. 「よぶのる一関」フルデマンド方式での運行を開始。

  4. 長野県上諏訪エリア実験

  5. 東急電鉄と日本初の「郊外型MaaS実証実験」を開始

  6. 熊本県荒尾市においてあらお相乗りタクシーの実証実験を実施しま…

PAGE TOP