長野県上諏訪エリア実験


2017/3/19 長野県上諏訪エリアにて、諏訪地方観光連盟が主催する二次交通強化の一環としたSAV実証実験を行いました。

  • エリア:上諏訪駅 – 茅野駅 – 諏訪大社上社 – 諏訪湖畔を含め7km四方
  • 車両台数:9台(ジャンボタクシー1台含む)
  • モニター数:20組(40名)
  • 実験時間:11:00 – 15:00

主目的を観光に絞り、地域関係者のみなさまに自由に行動をして頂きました。観光地特有の意見・感想を頂き、複数人で移動する観光客のSAV使用頻度や特色など、貴重な経験とデータの収集ができました。
今後の改良と研究に活用させて頂きます。

関連ニュース

  1. 令和2年度「地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金…

  2. 神奈川県・湯河原温泉「梅の宴」期間中に実施の観光MaaS実証…

  3. 函館市 赤川・美原エリアで「未来大AIマース」の実証実験を開…

  4. 新型配車アルゴリズムを用いた幕張新都心における乗合型交通の実…

  5. 【世田谷区宇奈根・喜多見地区】オンデマンド輸送のシステム検証…

  6. MaaSで気軽におでかけできるまちに向けて実証実験開始!― …

最近のニュース

PAGE TOP