栃木県下野市のデマンド交通「おでかけ号」へSAVSが導入されます


栃木県下野市では、平成28年より、市民の移動を支えるデマンド交通「おでかけ号」を運行しています。
この度、下野市と日本工営株式会社による公共交通計画の見直しと検討、調査、調整の結果、2021年4月よりSAVSを利用したフルデマンド方式の交通へと生まれ変わります。利便性の向上により、更なる市民の外出機会の創出と、自家用車に頼らない生活の維持へ貢献します。

運行概要

  • 下野市デマンド交通「おでかけ号」
  • 運行開始:2021年4月1日
  • 運行日:月〜土曜(日曜・祝日及び年末年始(12/30~1/3)は運休)
  • 運行時間:8:00〜18:00
  • 予約方法:スマートフォン用Webサイト、電話
  • 料金:中学生以上 300 円、小学生 200 円、未就学児 無料(保護者同伴条件)
  • 運行エリア:下野市全域
  • 運行:石橋タクシー株式会社

関連リンク

関連ニュース

  1. SAV応用サービス第一弾「つばめエアポートリムジン」就航

  2. SAVS導入の公共サービス「ケーブルアワード2020ベストプ…

  3. 伊那市ドアツードア乗合タクシー「ぐるっとタクシー」運行開始の…

  4. 太田デイトレセンター(群馬県)にて11月より実証実験を開始し…

  5. 熊本県荒尾市で相乗りタクシー「おもやい(OMOYAI)タクシ…

  6. AI乗合タクシー「カッピーのりあい号」にて、宅配サービス(貨…

PAGE TOP