名古屋交通圏タクシー準特定地域協議会の実施計画に基づき、つばめ交通協同組合、公立はこだて未来大学、株式会社NTTドコモとの協力により、名古屋市東部地区における、相乗りタクシーの実証実験を実施予定です。

通院、買い物等の日常生活における相乗りタクシーの実用性(利便性、満足度、料金、採算等)をオンデマンド・リアルタイム乗合い配車計算が可能なSAVシステムを使用して確認します。

SAVシステムによるリアルタイム配車決定により、相乗り相手が現れマッチングが成立するまで待機する必要がなく、オンデマンドのタクシーと車両をシェアする乗合バス両方のメリットが活かされます。
本実証実験においては、一般社団法人 愛知県腎臓病協議会に協力を頂き、恒常的に通院される患者の皆様にもご利用頂きます。

実証実験概要

  • 実証実験期間:2018年2月19日 〜 2018年3月5日 (15日間)
  • 利用可能時間帯:8:30 〜 16:30
  • 利用可能エリア:名古屋市東部地区
  • 利用可能人数:1乗車予約につき1〜2名(予約時に告知、降車場所の複数指定は不可)
  • 相乗りタクシー利用方法:
    • スマートフォンの専用サイト(専用アプリのインストールは不要)にて配車予約
    • つばめグループ配車センターへの電話にて配車予約

【スマートフォン画面イメージ】

モニター応募に関するお問い合わせ

関連ニュース